• Naoko

メッセージの受け取り方(おまけ)

先日までの記事で、書こうと思って忘れていたことがあります。


それは「わからない」と言わないということです。


メッセージにしても、QHHTセッションにしても、「わからない」と言ってしまうと、そこで流れが止まってしまいます。


そこで提案したいのが、何かよくわからなくても、「ちょっと待ってください」と言うことです。それから、もう一度、なんのことかを見てみる(感じてみる、聞いてみる)のです。


夢の神殿のセッションで、私は知らずにそうしていました。そこには何か情報があることを確信していたからです。確信がなくても、そのような態度で臨むと、サブコンシャスである大きな自己は応えてくれます。


わからないと思い込んでいると、閉ざしてしまうことになります。開かれるためにも、わかっているという姿勢で臨むことです。



ギザのピラミッドの一部(たぶん)


閲覧数:94回0件のコメント